アイスティーの入れ方

アイスティーを作るときに嫌なのは、「クリームダウン(紅茶が濁ること)」してしまうことですよね。
是非参考にしてアイスティーを入れてみてください。
きっと綺麗なオレンジ色のアイスティーができますよ(^-^)

  1. 基本の入れ方を参考にして、湯カップ1に対し茶葉をティースプーン1杯の割合で紅茶を入れ、15分~20分蒸らします。
  2. 蒸らした紅茶を口の広い容器に移します。(氷に直にそそぐと紅茶が熱すぎて薄まってしまうし、濁りやすくなります)
  3. たっぷりの氷を入れた容器に紅茶を一気に注ぎ、1~2回スプーンでかき回して急冷します。
  4. 氷をこしながら保存容器に移します。(紅茶を氷に注いでから5秒程度で移しましょう)

常温で10時間前後、保存できます。氷を浮かべて飲みましょう。

clipなぜ「クリームダウン」するのか?
紅茶にはタンニンという成分が含まれています。このタンニンが結晶化することにより紅茶は濁ってしまうのです。

clipどうすれば「クリームダウン」しないのか?
これは急激に冷やすことによって回避できます。
タンニン含有量の少ない紅茶(セイロン等)を使いましょう。
逆にタンニンを多く含む紅茶(ダージリン、アッサム、ウバ)はあまり向いてないと言えます。

コメント